コラム

YouTube動画広告のノウハウや、事例研究など運用に役立つ情報が満載です。

広告の運用手法
YouTube動画広告はいかなるデータを使って詳細なターゲティングを可能にしているのか? [YouTube動画広告ターゲティングVol.1]

2020.08.31

これまでYouTube内に使用される広告について説明してきました。YouTube動画広告はユーザーの趣味や年齢・性別など様々な分類でターゲティングができますが、皆さんはどのように判断されているかご存じでしょうか?「意外と知らなかった!」とならないように、今回しっかり学んでいきましょう。

オーディエンスデータは全てのGoogleサービスから取得

YouTube内に使用されるオーディエンスとは、ユーザーの普段の行動から、「男性か女性か」「何歳くらいの人か」「何に興味関心があるか」などGoogleが推定してグループに分けたものです。データは、ログインしているGoogleアカウントに紐づく全てのGoogleサービスからのもので、例えばGoogle検索、Gmail、YouTube、Googleマップ、GoogleDriveやGoogleフォトなどが挙げられます。

これらのサービスから収集されたデータをもとに、ユーザーはそれぞれ下記のようなカテゴリに分類されます。

  • ユーザー属性(年齢・性別・地域など)
  • 特定の趣味関心(どのようなカテゴリに興味があるか)
  • 購買意向(どのような商品・サービスの購入を検討しているか)

Googleマイアクティビティ内に全ての行動が履歴として残る

20200831_img02.jpg「Google上の自分の行動がデータとして残る?」・・・答えはその通り。Googleにログインした状態で行った行動は、Googleマイアクティビティにデータとして蓄積されます。ウェブやアプリ、訪れた場所やYouTubeの視聴履歴など、該当のGoogleアカウント開設後から全て残っています。これにより、ユーザーの属性や興味関心をカテゴライズし、ユーザー一人一人に合った広告を表示することができるのです。

履歴を削除することや、履歴を残さない、また履歴を一定期間後自動削除することも可能ですが、ユーザーが設定をしない限り、データは残り続けることになります。

Googleが判断した推定グループの確認方法

自分がどのような属性で、どのような趣味嗜好を持っているとGoogleに判定されているかは、「Googleアカウント>データとカスタマイズ>広告のカスタマイズ」より確認ができます。20200831_img03.jpg20200831_img04.jpg不要な広告要素は手動で「オフにする」こともできます。Googleに間違って判断されてたり、興味がない項目を消すことで、その関連の広告が表示されなくなります。20200831_img05.jpg

まとめ

今回は知っているようで知らないオーディエンスデータについて紹介しました。内容を理解することで、よりデータのイメージが掴みやすくなったのではないでしょうか?知識の一つとして、また運用していく中でぜひ活かしていきましょう。次回からはターゲティングについて、一つ一つ説明していくことにします。

コラム記事一覧